2017 Nitto ATPファイナルが終わって

2017年のNitto ATPファイナルはG.ディミトロフの初優勝で終了しました。これによりランキングは3位にランクアップです。準優勝のD.ゴファンも7位。2人ともファイナルは初参戦、そしてブルガリア選手の優勝は初と、”初”づくしのファイナルでした。そして早くもシーズンは2018年へと続きます。

The O2

Images courtesy of Red Photographic.com

今年はジョコビッチ、マレー、バブリンカ、錦織が戦線離脱、そしてファイナルに残った8名は若手中心でした。フェデラーは準決勝敗退、ナダルはラウンドロビンで棄権で、どんな最終戦になるのかと思いきや、ディミトロフとゴファンのプレーが随所で光り、ファイナルは素晴らしい試合となりました。ある意味Big 4同士の決勝より新鮮で、見応えのあるファイナルだったかも知れません。
そして、スポンサーが変わったのも今年。バークレーから日本の企業Nittoに変わりました。

ズべレフ、シャポバロフやソックなど、若手の活躍が目立ったのも2017年。そして怪我のため休養中の錦織に代わり杉田が大きくランクアップしたのも今年です。
11月20日付最終ランキングは以下の通り(括弧内はポイント)。

  1. R.ナダル(10645)
  2. R.フェデラー(9605)
  3. G.ディミトロフ(5150)
  4. A.ズべレフ(4610)
  5. D.ティエム(4015)
  6. M.チリッチ(3805)
  7. D.ゴファン(3775)
  8. J.ソック(3165)
  9. S.バブリンカ(3150)
  10. P.カレノ=ブスタ(2615)

こうして見てみると、いろんな面で今年の男子テニス界はひとつの転換期だったと思います。

2018年には、今年下期に休んでいたプレーヤーが復帰して来る予定です。このランキングがどう変わるのか、そして錦織、杉田、西岡、ダニエルなど日本人プレーヤーはどこまで活躍するのか、楽しみです。グランドスラム、マスターズのいずれも見逃せません。

そして、ATPファイナルについては会場は2020年まで引き続きロンドン、The O2で行われることが決まっています。
2018年のグランドスラム、マスターズ、ATPファイナル、そしてWTAの各テニス観戦計画は下記をご参考にしてください。

Thumbnail of テニス 一覧|有限会社フライトテニス 一覧|有限会社フライト
有限会社フライト
ウィンブルドンを始めとするグランドスラム、ATPマスターズ、ATPファイナルの観戦チケットと宿泊付パッケージをご案内します。

ブロトピ:海外旅行

☆☆ 皆様の応援クリックが励みになります ☆☆
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です