乗馬ツアー紹介 14~ブラックペリゴール(サルラ、ベナック、カステルノー城)乗馬

当社ウェブサイト掲載の乗馬ツアーのうち人気の高いコースから少しずつ日本語日程でご案内する14回目は、フランスのエッセンスが見事に集まったフランス南西部、ペリゴール地方での乗馬です。中世の町並みと美食とワインの三拍子がそろったこのエリアでの乗馬を、是非一度ご体験ください。

フランス~ブラックペリゴール乗馬

perigord1

《概要》

ブラックペリゴールはヴェゼール(Vezere)とドルドーニュ(Dordogne)の谷一帯にまたがる地域です。
川や森や渓谷に寄り添って、村や教会、荘園や城が長い歴史を刻んできました。
中でもリムイユ(Limeuil)、サン=シプリアン(Saint Cyprien)、サルラ(Sarlat)はこのルートのハイライトです。トレイル中は、この地域の美食や、鞍上からの風景の美しさをお楽しみください。

《日程》

1日目

午後遅く、ゲストハウスに直接ご集合。
またはラランド(Lalinde)駅からの送迎を承ります。
宿泊・夕食:ゲストハウス

2日目(5時間騎乗)

朝食時にプログラムを説明します。
午前10時30分、バンヌ城(Bannes’ castle、15世紀の個人の城)からスタートします。要塞都市ラランド(Lalinde)を通過し、運河沿いに沿って馬を進めます。ドルドーニュの右岸に位置するモザック(Mauzac)に到着し、ピクニックランチ。午後、ドルドーニュとヴェゼール川の合流点にあるかつての漁港リムイユ(Limeuil)へ向かいます。
宿泊・夕食:ゲストハウス

3日目(5時間騎乗)

朝食後、丘の中腹に建つサン=シプリアン(Saint Cyprien)へ向けて、森や林の中を進みます。サン=シプリアンで昼食。
午後、ミランド城(Chateau des Milandes)へ向かいます。この城は1947~1968年の間、アメリカのジャズ歌手ジョセフィン・ベーカー(Josephine Baker)が所有していました。
宿泊・夕食:ゲストハウス

4日目(4.5時間騎乗)

朝食後、タヤック城(Tayac)からカステルノー城(Chateau de Castelnaud-la-Chapelle)へと続く中世の道を通り、要塞都市ドンム(Domme)へ向かいます。ドンムでピクニックランチ。ドンムの先端からは、東はモンフォール(Montfort)城、西はベナックまでドルドーニュ渓谷全体を見渡すことが出来ます。午後、有名な狭い路地や素敵な木組みの家並が美しい中世の街サルラ(Sarlat)へ向けて谷を降りて行きます。
宿泊・夕食:ゲストハウス

5日目(3時間騎乗)

この日の乗馬は午前中だけです。馬に乗ってサルラ(Sarlat)からカンパニャック(Campagnac)城へと向かいます。カンパニャックで昼食。
午後は自由にお過ごしください。オプションで美しい街サルラ(Sarlat)の訪問や、午後または夕食後にガイド付きツアーに参加することが出来ます。
宿泊・夕食:ゲストハウス

6日目(5時間騎乗)

朝食後、15世紀に建てられたピュイマルタン城(Chateau de Puymartin)を見ることができるところから栗の木の森を横切り、メラル(Meyrals)の村へ向かいます。ます。メラルの教会前でピクニックランチ。
午後、ヴェゼール(Vezere)の谷を降りてリムイユ(Limeuil)へ向かいます。
宿泊・夕食:ゲストハウス

7日目(5時間騎乗)

朝食後、カドゥアン(Cadouin)に向け、ドルドーニュの谷に沿って馬を進めます。7世紀に建てられたカドゥアンの修道院の近くでピクニックランチ。この修道院のゴシック回廊は、ルネッサンス様式で飾られています。
午後、ペリゴールの最も重要な森ラ・ベゼード(La Bessede)を通ります。そしてキングエドワード一世の時代、1284年に建てられた典型的な英国の要塞都市モンパジエ(Monpazier)で終わります。モンパジエは、南西部にある300もの要塞のモデルとされています。
宿泊・夕食:ゲストハウス

8日目

朝食後乗馬ツアーの終了。必要に応じ、ラランド駅へお送りします。



《乗馬レベル》

このトレイルに参加するには、すべての歩法に自信があり、一日あたり30キロ、約5時間の乗馬が可能な、良好な健康状態であることが条件です。

《宿泊について》

7泊ともゲストハウスでの宿泊。
一人部屋は追加料金にて利用可能です。

《食事について》

perigord2

朝・夕食はホテルにて。滞在中の昼食はピクニックでご案内します。ペリゴールはフランスの食の宝庫と言われるほど美食のエリア。土地土地の産物を活かした食事は旅の楽しみの一つになるでしょう。
夕食を除く食事中のミネラルウォーター、ソフトドリンク、ワインは料金に含まれています。

《日本からは》

上記乗馬ツアーへのご参加には別途日本~ボルドー往復航空券が必要です。空港から送迎の車が待つラランド駅までは鉄道で約3時間。そのためボルドー又はラランド周辺で前後泊が必要です。ラランド駅からは車で送迎します(片道10ユーロを申し受けます。)

料金、その他詳細はウェブサイトをご確認ください。

Thumbnail of 海外乗馬ツアー 一覧|有限会社フライト海外乗馬ツアー 一覧|有限会社フライト
有限会社フライト
ファームステイからトレッキングまで、1名参加可能な各種コースを取り揃えた海外乗馬ツアーです。初心者から上級向けまで1週間の日程を中心に世界各国の乗馬ツアーをご案内しています。リピーターにも人気です。

ブロトピ:海外旅行

(画像提供:RandoCheval)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です