私が訪れたフランスの美しい村々 - ナジャック ラングドック=ルシヨン=ミディ=ピレネー / アヴェロン県

筆者自身が添乗員として実際に訪れたフランスの美しい村を紹介する第7回目は、ラングドック=ルシヨン=ミディ=ピレネーの北部、アヴェロン県に位置するナジャックだ。鉄道を利用していくことが出来る美しい村が少ない中、このナジャックへは鉄道を利用して訪れることが出来る。山の稜線に沿って家並みが続き、ラウズという黒光りする瓦屋根がまるで恐竜の背のように連なっている、その光景の美しさがナジャックの最大の魅力だ。

勾配のきつい村

najac1

以前このブログで紹介したイタリアの美しい村のひとつ、アンギアーリもそうだったが、ナジャックはとても勾配がきつい村だ。バスは村の東側に到着し、13世紀からある噴水がある広場へと進む。

najac3

そこから向こう側に見えるナジャック城までは、急な下り坂を下った後、城の手前から急な上り坂になっているのがわかる。ちょっとお年を召した人ではこのアップダウンはかなりつらいだろう。しかしそこに住んでいる人は若い人もお年寄りもみんな、それが当たり前であるかのようにこのアップダウンの道を歩いている。
せっかくなので、道に沿ってこのアップダウンを楽しんでみよう。

najac2

噴水広場の右手には唯一のホテル&レストランがある。フランスらしい石を積み上げた造りの建物だ。町並みを形成している民家も同じ作りが続く。
ナジャック城まではほぼ1本道のメインストリートが続く。ちょうど谷底と思われる地点まで来ると小さな広場があり、ちょうど良い休憩所になっている。ところどころ小さなレストランやカフェがあるのは、どの村とも変わらない。
この広場を過ぎると、ナジャック城までは登り坂が続く。途中、六角形の鐘楼がある教会に出会った。13世紀に建てられたサン・ジャン教会だ。細い路地にひっそりと佇むその姿は、ここまでの勾配のきつさを一瞬忘れさせてくれる。あともう少しでナジャック城だ。

najac4


ナジャック城

najac7

城の手前、最後の勾配が最もきつかったが、やっとで城に到着。すでに見張り塔以外は崩れ落ちてしまっているこの城は、12~13世紀に建てられたもの。見張り塔以外は外壁がわずかに残るのみだ。その見張り塔は資料館になっていて、かつてのナジャック城の完全な姿の模型が展示されている。

najac5

そこから城の見晴らし台と呼べそうなテラスに出てみた。そしてここから眺める家並みが、ナジャックが美しい村たる所以の光景だ。三角の屋根が山の稜線に沿って連なり、確かに恐竜の背のように見える。これを見たら、ここまでのアップダウンでの疲れなど吹き飛んでしまった。

najac6

とはいえ再度このアップダウンを通らなければ、昼ごはんにと予定していたホテル&レストランまで戻ることが出来ない。ここで生活するということは、厳しい自然条件を受け入れるということなのだろう。観光客だから一時の厳しさを感じるだけで済むが、住んでいる人達は厳しいと思っていたらとてもいられない。美しい村は、同時に自然を受け入れ、共有してそこに生活することそのもののような気がしてきた。

その他の画像はウェブサイト「フライト・フォト・ギャラリー フランス2」をご覧ください。また、ナジャックへの鉄道旅行プランは下記もあわせてご覧ください。

Thumbnail of フランスの美しい村々を訪ねて|鉄道で巡るラングドックルシヨン、リムーザン、ミディ・ピレネー、アキテーヌ|ヨーロッパ鉄道旅情フランスの美しい村々を訪ねて|鉄道で巡るラングドックルシヨン、リムーザン、ミディ・ピレネー、アキテーヌ|ヨーロッパ鉄道旅情
有限会社フライト
フランスのラングドックルシヨン、リムーザン、ミディ=ピレネー、アキテーヌの美しい村々を鉄道で巡るプラン例です。オンリーワンのハネムーン、趣味、体験、探訪、業務渡航など多様な目的に応じたオリジナルの個人旅行プランをご案内します。

ブロトピ:海外旅行

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です