セントアンドリュース・オールドコースでプレーするためのホテル - オールドコース・ホテル&スパ

ゴルフの聖地、セントアンドリュース・オールドコースのティーオフタイムを事前に確約する唯一のプログラム「オールドコース・エクスペリエンス」では、2018年より利用ホテルをオールドコース・ホテル&スパに限定しました。プログラムをより理解して頂くため、利用ホテルについて写真とビデオでご案内します。

少し前になりますが、オールドコースに沿うように建つこのホテルを視察してきました。わずか2泊の滞在で、主なコース及びクラブハウス、その時点では設定ホテルだったルサックス・ホテルとフェアモント・ホテルまで視察したため非常に駆け足での視察でしたが、プログラムで使用する全部屋タイプ、各レストランほかホテル内施設を写真とビデオに収めてあります。この記事を読んで、少しでもプログラムをご理解頂く参考になれば幸いです。
尚視察した時は、セントアンドリュースで全英オープンゴルフが開催される直前だったため、一部ホテルから見えるコースの様子が普段とは異なります。

チェックイン

oldcoursehotel

エジンバラ空港からホテルまでは車で1時間少々かかります。このプログラムを運営するThe Experience St Andrewsの専用車で空港からホテルまでお送りします(片道1台190ポンド)。通常日本から直接エジンバラ空港へのフライトは到着が夜になることが多いため、1日目はチェックインで終了です。先にロンドンなど他都市に滞在したのち移動する場合は日中のフライトを利用することが出来るので、ビデオで案内の通り昼間の到着となります。
スコットランドの正装に身を包んだドアマンが出迎え、フロントへ案内。そこではウェルカム・シャンパンで到着を出迎えてくれます。シャンパンを頂いている間にスタッフが鍵を用意して、部屋へ案内します。到着後は自由にホテルでお過ごしいただきます。

[Video] Old Course Hotel – 1

部屋タイプ

◆Old Course View Room◆

course view room

スタンダードルームはEden RoomとこのOld Course View Room、どちらもビューが違うだけで同じ作りです。出窓タイプのスペースがあり、そこからオールドコース18番ホール及びR&Aクラブをバックに1番ホールを望むことが出来ます。シングルルームはなく、1人利用も同じ部屋タイプになります。
バスルームは、どの部屋タイプもスパ同様Kohler Spaデザインで統一されています。

◆Old Course Suite◆

course view suite

リビングとベッドルームが別室になっているスイートタイプ。リビングとベッドルームはドアで仕切られることなく、バルコニーへと続く出窓エリアがそれぞれをつないでいます。ベッドルームだけならスタンダードのOld Course View Roomと広さはあまり変わりません。違うのはバスルームの広さ(バスタブのある部屋の中に、シャワー室が別室に作らてています)と、バルコニーがあることです。

◆Fairway Suite◆

fairway suite

建物の一番北側、有名な17番ホールのホテル看板越えを正面に見ることが出来るスイートです。Old Course View Suiteのリビング、ベッドルームを更に広くしたタイプ。それぞれの部屋をドアで仕切り、完全に別室となっています。
バスルームはOld Course View Suiteとさほど変わりません。
※注)全ての部屋が上記記載通りの眺めではありません。予めご了承ください。

[Video] Old Course Hotel – 2

レストラン

◆Road Hole Restaurant◆

road-hole-restaurant

ホテル最上階にあるメインレストラン。プログラムでは1回、このレストランでの3コースディナーが含まれます。朝食もこのレストランにて、ビュッフェスタイルです。
その隣にあるRoad Hole Barではあらゆる蒸留所のスコッチウィスキーを楽しめるバー。オールドコース、ニューコース、ジュビリーコース、その向こうには北海まで望むことが出来ます。ゴルフとウィスキー両方の愛好家にはたまらないバーです。廊下を挟んだ向かいにはウィスキーのティスティングルームがあり、ホテル名を冠したオリジナルウィスキーを味わうことが出来ます。

◆Sans Grill◆

sans-grill

ホテル1階にあるよりカジュアルなレストラン。ここでの食事はプログラムに含まれませんが、気分を変えてディナーを楽しみたい時にご利用ください。

◆Jigger Inn◆

jiggerinn

ホテル建物内、18番ホールすぐ脇にあるイングリッシュパブスタイル。歴史的な建物は1850年代に建てられたもの。スコッチウィスキーはもちろん、セントアンドリュース・エールをはじめ、今じわじわ人気が上がっているスコティッシュビールを各種取り揃えています。アウトサイドエリアでは間近にオールドコースを眺めながら、ゆっくりとビールを味わうことが出来ます。
食事もパブならではのメニューを取り揃えています。5泊プログラムのみ、このJigger Innとハミルトン・グランド内のHams Hame(同じくイングリッシュパブ)のどちらかでの夕食が含まれます。ハミルトン・グランドはR&Aクラブの斜向かいに建つセントアンドリュースの代表的建物。その1階角にあるHams Hameでは、1番ホールを眺めながら気軽にビールを飲むことが出来ます。


その他施設

◆Kohler Water Spa◆

kohlerspa

ゴルフプレーで疲れた体をケアするには最高のスパです。バステラピー、ハイドロテラピー、マッサージテラピー、フェイシャルトリートメント、ボディトリートメント、ネイルケア、男性専用トリートメント(For Golfer Menu)などあらゆるトリートメントを取り揃えています。
その他スパプール、インドア&アウトドアジャグジー、フィットネスなどがあります。

ショップ

1階のKohler Water Spa奥には、世界中のブランドゴルフクラブを取り揃えたプロショップを始め、ウェアショップなどゴルファーのためのショップがあります。ここを訪れたら見ておきたいのが廊下に掲げられた歴代の全英オープンのチャンピオンの似顔絵プレートと一覧表。とても重厚な作りで、この廊下だけで小さなゴルフミュージアムのようです。

[Video] Old Course Hotel – 3

あらゆる施設がゴルファーのためにある、ゴルファーのためのホテル。ここに宿泊したらきっと腕がうずうずして、早くドライバーを振りたくなることでしょう。また、ゴルフをしない同行者も飽きさせることのない充実した施設は、まさに5つ星クラスです。写真、ビデオは素人が撮影したものですが、その分よりゴルファーの目線に近いものと思います。

プログラムについてはこちら

Thumbnail of オールドコースエクスペリエンス|セントアンドリュースプログラム2018 全英オープンゴルフ2018オールドコースエクスペリエンス|セントアンドリュースプログラム2018 全英オープンゴルフ2018
有限会社フライト
ゴルフの聖地セントアンドリュース、オールドコースのスタート時間を確約する唯一の英国発エクスクルーシブパッケージと全英オープンゴルフ観戦パッケージです。予約は1996年より販売に携わる担当者が承ります。

より詳細の視察内容はこちら

Thumbnail of セントアンドリュース視察記 This is St. Andrews!セントアンドリュース視察記 This is St. Andrews!
有限会社フライト
ゴルフの聖地セントアンドリュース、オールドコースのスタート時間を確約する唯一の英国発エクスクルーシブパッケージの視察記です。予約は1996年より販売に携わる担当者が承ります。

ブロトピ:海外旅行

 

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です