海外オプショナルツアーは旅のスパイスです

image_europe

イメージ

フリープランのパッケージツアーや、航空券とホテルだけを手配して出かける旅行のとき、よりそこでの滞在を楽しくするため多くの人がオプショナルツアーを利用するのではないかと思います。パンフレットに掲載されたオプショナルツアーをパッケージツアーと一緒に申し込んだり、自分であれこれネットで探して申し込む人もいるでしょう。その時の選ぶ基準は何ですか?
旅行会社目線で、海外オプショナルツアーをどう選んだらよいか、また気を付けるべき点などについてご案内します。

Sponsored Link

オプショナルツアー会社は単なる窓口である

先日あるお客様から、

「ネットではいろんなツアー会社があるけど、どれを選べばいいですか?」

という問い合わせがありました。
実は数人で旅行を申し込まれていましたが、その引率者的存在で旅行手配から当社との連絡まで行っていた方(いわゆるグループの代表者です)が、急遽都合により旅行をキャンセルせざるを得なくなりました。それによって困ってしまったのは一緒に旅行に行くはずだった方々です。旅行先に到着したらオプショナルツアーで自由時間を楽しもうと思っていたらしく、そのオプショナルツアーを自分で手配しなくてはならなくなったのです。

キャンセルされた代表者からは「エクスペディアで予約すればいい」と聞いていたのですが、あいにく希望のツアーは英語ガイドのみでした。同様の他のツアーを探したところ、日本語ガイドが同行するものもあったけれど、はたして信頼する代表者から紹介されたエクスペディア以外で申し込んで良いものか?と思っての問い合わせでした。問い合わせをしてきた方の奥様いわく「信頼できない会社には頼めない」とおっしゃっていたそうです。

結論から申し上げると、海外オプショナルツアーを取り扱っている会社はどれも様々なツアーを案内・申込受付・手配を請け負っているだけで、その会社がオプショナルツアーを企画・催行しているのではないということ。そのため極端なことを言えば、同じツアーを紹介している複数の旅行会社のどこで申し込んでも、内容は同じということです。

ある都市の半日市内観光に申し込みたいとして、このオプショナルツアーを紹介するA社とB社があるとします。ツアーを企画・催行するのは現地の旅行会社で、A社とB社はお客様に替わって現地旅行会社にこのオプショナルツアーを予約する旅行代理店です。このA社とB社は申込受付の窓口であって、ツアーを催行する会社ではありません。エクスペディアはこの立場に当たります。

各ツアー紹介会社のウェブサイトを見てみると、必ず小さな字、もしくはページの一番下あたりに「催行会社」として実際にツアーを催行する会社名がかかれています。オプショナルツアーの良し悪しはこの「催行会社」によるのであって、申込窓口の会社ではありません。けれども、その催行会社及びツアーの良し悪しまではネットではわかりません。


Sponsored Link

それでも、窓口会社にも良し悪しがある

問い合わせをしてきた方の奥様の言葉のように、たとえ単なる窓口であっても良し悪しはあります。上述の通り、現地催行会社の良し悪しは申し込む旅行者にはわかりません。だからツアーの紹介窓口であるオプショナルツアー会社の良し悪しが、ツアーの決め手になってきます。

当社ではお客様にご満足いただける旅行を提供できるよう、通常以下の2社を主に紹介しています。これ以外にも当社が提携する会社はいくつかあり、旅行者の要望に合わせて使い分けています。

JHC(ジェイ・エッチ・シー)

約30年、海外ホテルとオプショナルツアーを旅行会社に紹介してきたパイオニア的存在の会社です。当社を含め各旅行会社からの信頼も厚く、厳選されたオプショナルツアーを多数紹介しています。
ホテル、ツアーだけでなく、空港送迎、海外でのゴルフ手配まで受け付けています。

一般旅行客からも直接申し込みを受け付けており、以下リンクより予約可能です。

banner_tora

VELTORA(ベルトラ)

取扱い数ではおそらくトップでしょう。他のオプショナルツアー会社では取り扱っていないものまで探すことが出来ます。空港送迎はもちろん、他にはないウェディングやレストラン予約ができ、利用価値が高いオプショナルツアー会社です。

こちらも一般旅行客から申し込みを受け付けており、以下リンクより予約可能です。

VELTRA

オプショナルツアーの選び方と注意点

宿泊が含まれる現地パッケージがある

出来合いのパッケージツアーではなくオーダーメイドで旅行を計画する際、その目的地で宿泊が含まれる現地パッケージを組み込めば、オーダーメイド旅行がより充実したプランになります。特に、個人旅行では計画することが難しい移動を含めた宿泊・周遊パッケージは是非利用するべきでしょう。

例えばイタリア・ナポリ発着、アルベロベッロに宿泊しアマルフィ、マテーラを周遊する1泊2日ツアー(日本語ガイド付)は、個人で同じ日程をこなすにはなかなか難しいところ。このツアーでは前後ナポリ宿泊を手配しておけば、南イタリアの世界遺産、アルベロベッロ、マテーラと魅惑のアマルフィを効率よく周遊できます。

また、そのツアーだけの特典があることも、選ぶポイントではないでしょうか?テーマパークや美術館の優先入場をはじめ、催行会社が特別に契約して行っていることがあります。

当社が取り扱っているテニスの観戦パッケージや乗馬ツアーも、上述の各点ではオプショナルツアーと同じといえます。

申込、取消条件は要チェック

海外の会社で企画・催行しているため、日本の旅行会社の諸条件とは異なります。仮予約しておいていつでもキャンセル可能、と思っていると、いらぬ取消料を請求されることになりますのでご注意を。
また取消条件以外にも、その国・都市ごとの条件というものがありますので、ネットで予約する際はページの端から端まで読んでおくことです。

旅行会社のアドヴァイスは大事です

ネットで航空券やホテルが簡単に手配できる今だからこそ、旅行のプロである旅行会社のアドヴァイスを取り入れながら旅行を計画しましょう。ネットで紹介されているオプショナルツアーは事前に日本で申し込むから成り立つ料金です。現地で申し込めばよいと思っていると違う料金だったり、条件が違ったりしますが、そのような注意点もアドヴァイスしてくれるのが旅行会社。
オプショナルツアーを含めて旅行会社にプランニング、手配を依頼するのが一番です。

Sponsored Link

まとめ

海外オプショナルツアーは旅のスパイスであり、旅行自体を良くも悪くもします。上記を参考に自分の希望に合うツアーを吟味して選んでください。そして日本出発からオプショナルツアーの選択まで、旅行のすべてを旅行会社と相談しながら計画・手配していくのが、後悔しない旅行のしかたのひとつだと思います。

☆☆ 皆様の応援クリックが励みになります ☆☆
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
このエントリーをはてなブックマークに追加
Sponsored Link
VELTRA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です